スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾーリカ・ベネーラのうた オレグ・ポノマリョフ(男・11歳)

ゾーリカ・ベネーラのうた オレグ・ポノマリョフ(男・11歳)
 ゴールキ町 第一中等学校7年生

 僕が住んでいるゴールキは、モギョリョフ地方の西にある緑の多い快適な町です。このあたりには、チェルノブイリの悲劇はそんなにはありませんでした。しかし、チェルノブイリの悲劇が全ベラルーシ人をおそっていることはよく知っています。原発が爆発し、ベラルーシに苦痛が居着いてしまったとき、僕は4歳でした。被災者の不幸や痛みを少しだけでも理解できるようになったのは学校に入学し、読み書きができ、歌をうたうようになってからです。祖父は放射能汚染地図を見せてくれ、何千人もの人が子どもと一緒に脱出したと話してくれました。

 僕の学校にアリョーシャ・ボリセンンコという女の子がいます。彼女は両親と一緒にブラーギン地区のコルマリンという町に住んでいました。そこはチェルノブイリ原発から32キロのところにあります。事故の時、アリョーシャは妹と一緒に外にいたそうです。放射能はベラルーシに向かって飛んできました。アリョーシャのママはすぐに姉妹を連れ出し、その日のうちにおばあちゃんの住むゴールキに連れていきました。ゴールキは汚染されていなかったので、彼女たちを不幸と死から遠ざけるためにはとても賢明な判断でした。しかし、彼女のママは、放射能でいっぱいのコルマリンにもどったのです。そのために、治らない病気や死に脅かされることになりました。

 アリョーシャと妹はおばあちゃんのところに残りました。彼女はママやパパに、早くここに来るようにと手紙をたくさん書いていたそうです。アリョーシャは、ママから頭をやさしくなでてもらい、両手で静かにあやしてもらうのが大好きでした。そして、ママの笑顔がとても好きでした。しかし、原発事故のあとママの笑顔が少なくなりました。ママに会うこともめったになくなり、寂しくてしかたがありませんでした。

 アリョーシャの両親は、ちょうど一年間ゾーンに住んでいましたが、ついに脱出する決心をしました。ママの姉妹がグルジアに住んでいたので、家族全員でそこに引っ越したのです。しかし、そこでの生活も長くは続きませんでした。というのは、戦争が始まったからです。銃撃や人殺しが始まり、子どもたちも殺されました。外に出ることもできません。アリョーシャの家族は恐怖と涙の日々を送っていましたが、やはりがまんできず、ゴールキに帰ることになりました。パパは郊外のコルホーズに就職が決まり、そこの寮に住むことになりました。それは彼にとっても、苦しいことでした。いったいいつになったら、当たり前の生活にもどれるのでしょう。だれがそのことを保証してくれるのでしょう。

 苦しんでいる人々をどうしたらいやしてあげられるのでしょう。ろうそくの灯のような希望でもいいから与えることができたらと思っています。もしかしたら、歌なら少しの間だけでも苦しみを忘れさせることができるのではないでしょうか。僕は舞台で歌っているときはいつもこのことを考えています。

 母の話しでは、僕はまだおしゃべりもまともにできない1歳半のときにはもう歌っていたそうです。幼稚園では、朝の集会のとき、合唱に参加していました。その後、音楽学校に入学し、尊敬するアレクサンドル・バシャリーモフ先生から音楽や歌を教わりました。そして、彼と一緒にシュクロフ、ミンスク、ノボポロツク、ドリービンの町にコンサートのために出かけました。サンンクト・ペテルブルグで開かれた子ども軽音楽国際コンクールでは、ベラルーシの名誉をかけて参加し、2位に入賞することができました。

 とくに感動したのは、ミンスクでの慈善コンサートでした。そのコンサートは孤児、障害を持つ子ども、大家族の子ども、チェルノブイリゾーンから移住してきた子どもたちのために開かれたものでした。僕は歌を歌うときには、力いっぱい、心から歌うようにしています。その時も、そうしました。観客が、少しでも喜びと希望を持てるように願って歌いました。僕は、このようなコンサートをもっと開いて欲しいと思います。不幸な子どもたちの心は、コンサートのときだけでも暖かくなるでしょう。コンサートでは、お金が集められ、子どもたちの衣服や食料を買うために使われます。彼らは生活に困っています。チェルノブイリの病気を持った子どもたちは特にそうです。彼らはとても苦しんでいます。たぶん多くの子どもたちの病気は完治しないでしょう。誰が悪いのでしょうか。原発でしょうか。それとも無責任な大人でしょうか。

 ミンスクで開かれた第一回ベラルーシ語再生(※)の日の記念コンサートのときです。そこで僕は、「ゾーリカ・ベネーラ(空を焼く明星)」の歌をうたいました。うたい終わったあと、拍手がなりやみませんでした。舞台から退場すると、白髪の背の高い男性が近づいてきて、僕のちいさな手をにぎりしめました。その男の人は目にいっぱい涙をうかべ、目をしばたいていました。その人は詩人のニール・ギレビッチさんでした。僕の愛するこの叙情的な歌に彼は感動したのです。僕はこのことに強く感銘を受けました。このときのコンサートを思いだすと、僕の目の前に見えてくるものがあります。チェルノブイリ原発の上に出現した黒い雨雲が、僕の祖国ベラルーシを次第におおい尽くしています。でもその上には明星(ベネーラ)が輝き始めたのです。その暖かくやさしい光は、雨雲をつらぬき、大地のすみずみを照らし、人々の心を満たしてくれます。チェルノブイリの雨雲のため、暗黒に身を沈めていたすべての人が突然よみがえり、天をあおぐようになりました。そこにはもう雨雲などありません。夕焼けの空には、明星が堂々と輝いています。僕はこのようになって欲しいと切に願っています。このようなことはただの願望で終わってしまうかもしれません。しかし、僕は何度も何度も歌い続けます。歌をきくことによって、人々が少しでも楽になり、大きな不幸から抜け出すことができたらと思っています。


※ベラルーシ語再生
 旧ソ連時代、ロシア語が国語化され、ベラルーシ語がすたれていた。独立後、ベラルーシ共和国政府がそれを再生させる運動を起こした。

永久に続くのだろうか タチアーナ・オクチオノック(女)

永久に続くのだろうか タチアーナ・オクチオノック(女)
 ラドシコビッチ中等学校9年生

 ふるさとの家、ふるさとの村、ふるさとの町、そして祖国。生まれた土地への愛着が心に芽生えるのは、いつの頃からだろう。それはおそらく、音や音楽、そして匂いなどのイメージを感じはじめる幼い頃だろう。

 ふるさとの思い出は、苦しい時に人を慰め力づけてくれる。どこにいても、どこに住んでいても、幸せだった子どもの頃の思い出は、夢のなかでさえ人を裏切りはしない。私はよくキノコ狩りや木々の下のやまどりの夢を見る。夢の中でもキノコを注意ぶかく採って、やさしく小かごに入れるのだ。

 今私はふるさとの森に行くと、たまらない懐かしさとともに、正反対の感情が湧いてくる。なぜなら、森はチェルノブイリの死の影に犯されているのだから。私はチェルノブイリをテーマにした詩を書いた。

  チェルノブイリ 原子のパーティー
  私のふるさとへの 死の贈り物
  汚染地図には おまえの残した爪痕が見える
  学校のノートに書いた地図には
  真っ白なページに 無数のしみが浮いている
  どこをめくっても 死に絶えた川ばかり
  どこをめくっても 破壊された森ばかり
  そして だれも 居なくなってしまった村
  独り身の老婆たちの もの悲しい泣き声
  こんなことが 永久に続くのだろうか
  この不幸からの救済はないのだろうか

 チェルノブイリの悲劇。それは偶然の事故ではなく、私たちの生きてきた過去の当然の結果。善も悪も全て人から始まる。爆発の原因を調査した専門家もこう結論づけた。そして人の存在は技術と切り離してはありえない。原子炉の導入を実現させたアカデミー会員も、原子力発電所を経済的に設計し、建設した人も、そして4月の夜に実験を行った人も。

 人が発明したもので、放射能より恐いものはないだろう。考え始めると本当に恐ろしくなる。私たちが歩き呼吸している大地には、健康に対し致命的なほど危険なチェルノブイリの毒がすっかり染みこんでいるのだ。汚染地区の人々は、放射能という大蛇にとってのウサギのようなものだ。

 昔から代々受け継がれてきた、この地区の生活文化は断たれてしまった。汚染された土地では安全な作物は穫れない。だからその土地は、すべて森や茂みとなる運命にある。でも安全な餌がなければ、安全なミルクや肉はいったいどこから手にいれるのだろうか。このように全てが関係しあい、つながっているのだから。

 現在では科学が、放射能と白血病や甲状腺ガン、肺ガンとのあいだの因果関係を明らかにしている。このことは科学者らがラットの実験で証明した。

 放射能の被害は、食品汚染という形でベラルーシ全土に拡大しているという。でも共和国の人々は、汚染地区で生産されたものを食べている。私たちが今まで気づかなかったようなことが、密かに行われていたのだ。でも今多くの人は、このことに気づきはじめた。(最近、テレビ番組『真夜中の前と後』で確認された。)

 ベラルーシにあるいくつかの食品加工工場は、以前はラベルに住所を印刷していたが、今では、あいまいな「アグロプロム(農工複合生産)」という文字に置き換えられてしまった。また、あからさまな偽造の場合もある。たとえばゴメリで生産されているマヨネーズの缶に、モスクワ製と印刷したラベルを貼っている。今ベラルーシの人は、自分たちが食べる食品を選択することができなくなっている。チェルノブイリ事故が招いた恐ろしい結果について、新たなことを見たり聞いたりするたびに心が痛む。

 この作文を書いている今は春だが、私は秋の庭の情景を思い浮かべている。枝にたわわに実る大粒でみずみずしいリンゴは、キラキラとばら色に輝いている。でもそれは、ただ地に落ちるだけの運命なのだ。このリンゴには、ストロンチウムやプルトニウムがいっぱい詰まっているのだから。

 自分たちの土地が汚染地区とわかった人たちは、どんなに辛かったころだろう。年老いた人の多くは、死ぬまで村に居残ることを決め、それ以外の人たちは、子どものために移住を決断した。詩人のアントニーナ・ホテンコは、チェルノブイリの悲劇を描いた詩の中で、人々の悲嘆にくれた感情をこうあらわしている。

  老婆のもの言わぬ手が スカーフを握りしめる
  白い大地の上には 白血病の悪魔が潜む

 あの悲劇の4月の朝から、8年が過ぎた。国家最高ソビエト(※)は、チェルノブイリ事故被災者保護の法律を採択した。全世界の慈善組織や親切な人々が、わが共和国に大きな援助をしてくれている。でもチェルノブイリの悲劇は、人々の心を痛めつけている。人々は神経質で怒りっぽくなっている。


※最高ソビエト
 日本の国会にあたる

 人々の心が優しくなり、お互いに助け合うようになってほしい。共和国の指導者が食品の品質管理を行い、安全な食べ物が店の棚に並ぶようにしてほしい。放射能に汚染された場所でも安全に仕事ができる方法を紹介するエコロジーセンターを設立しなければならない。このセンターによって、国家的な規模で、発病の最新の予防法が広く伝えられなければならない。そしてセンターが人々に助言を与え、永く生き延びる手助けをしてもらいたい。

 チェルノブイリの死の灰が、私たちの胸をえぐる。この肺は、私たちの痛みであり、歴史であり、忘れてはならない記憶なのだ。

聖なる大殉教者 ビクトリア・コズローワ(女)

聖なる大殉教者 ビクトリア・コズローワ(女)
 第一中等学校10年生 モズィリ市

  ポレーシェの大地に
  ミンスクに
  モギリョフに
  誰かが わざと
  不幸を なしたのか
   ウラジミール・パブロフ

 聖書に「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」と書かれています。プリピャチ川上流の核爆発の恐ろしい事実は、被災地区の住民にはすぐに明らかにされませんでした。明らかになったのは、その暗黒の日から数年たってからでした。人々は、子どもや家族の運命への苦悩と不安でいっぱいになり、放射能の灰がばらまかれた土地に、一日でも、いえ、たった数分でも住んではいけないことを、ようやく認識しました。しかし、この恐ろしい真理を認識しても、ポレーシェの人々は自由にはなりませんでした。

 チェルノブイリでの突然の事故は、一瞬にして未来を全部消し去り、鉛のような重さで人々をおさえつけました。ここ数年、子どもが甲状腺腫瘍の病気にかかる割合がこれまでにない高さで記録されています。22倍の高さです。このただのそっけない統計の影に、どれだけの具体的な苦しみがあるのか想像できますか。

 あるポレーシェの小さな女の子の短い人生についてお話しましょう。彼女の父親は、モスクワの病院で、骨髄移植手術の失敗後すぐに死にました。彼はミチノ墓地に埋められました。その数日後には、彼のとなりに名前のない娘が埋められました。彼女は父の死後、モスクワの病院で生まれたのでした。年取った助産婦は赤ちゃんの状態を見て絶望し、言ってはいけないことを口走ってしまいました。「生きてなくて、よかった」と。赤ちゃんは実際長くは苦しみませんでした。名前をもらう時間さえなく、姓だけ記されました。母親の胎内で、4月26日、放射能の「洗礼」を受けたのでした。この名もない赤ちゃん、聖なる大殉教者は苦悩以外は何も経験せず、罪のないチェルノブイリの犠牲者のために祭壇の、父親の隣に永遠の眠りについたのでした。

 ポレーシェの子どもたちは、今でも汚染された土の上を走りまわっています。彼らの多くが、今述べた小さな殉教者と同じように、新郎にも新婦にもなれず、自分の子どもの誕生の喜びもその神秘性も感ずることができず、赤ちゃんの第一声も聞けないでしょう。

 なんと多くの人々の目の前で、ロウソクの火のようにゆっくりと彼らの親類の命が消えていったことでしょう。この思い出にはどれだけの不幸と苦悩があることか!

 ある日、雨の後、草や花を何か鮮やかな白いものが覆っていました。姉が私を呼び、「見てごらん。銀の雨よ」と言いました。その日は暖かかったので、姉は袖なしの胸の開いたワンピースを着ていました。2年後、姉は乳腺ガンで死にました。死の直前までは、彼女は、両親に病名を隠し続けました。

 家族のものが死ぬと、自分のまわりの世界が崩されるような気がします。だけど、そういう気がするだけで、実際には、生きているものを心配する人がいる限り、生命は続くものなのです。しかし、ゾーンは違います。

  そこでは悲しい村々があわれな音をたてる
  そこは 夜ごと 哀愁がうなる
  カッコウの涙が悲しげに
  毎朝 草原で ひかっている
  笑いが忘れられ 冗談も忘れられた
  小道には草が生い茂る
  そのどこか目に見えないところに
  土のうえに
  魂が張り付いている

 打ち捨てられた農家の窓は忘れさられたようにみえます。身のまわりのものを整理しながら、人々はすぐに戻ってこられると信じたので、必要なものだけを持っていきました。これにつけこんだのがよそからきた泥棒です。短い間に貴重なものがすべて盗まれてしまいました。人の不幸が、他人の利益になってしまったのです。このように、悪魔の舞踏会で楽しむことは、キリスト教徒にふさわしいことでしょうか。このような財産は、決して幸福をもたらしはしないはずです。

 地獄の炎に身を投げ出し、家族に別れもできなかった英雄たちの行為をどうして無視できましょうか。彼らは、この作業をすることによって自分たちがどうなるかをよく知っていました。しかし、彼らは怒り狂う核のクレーターの上で、ためらわずに、自分の身を、そして未来を、貢ぎ物のようにその貪欲な胃袋に向かって投げ出しました。彼らは、私たちのために、自己犠牲の炎で自らを焼いたのです。

 ミンスクのフィルハーモニー劇場で、画家のM.ザビツキーのチェルノブイリをテーマにした絵の展示会がありました。長い年月がたっても絵はいつも人類にチェルノブイリの惨劇を思い起こさせるものになるでしょう。私たちの子孫のだれかが、「チェルノブイリのマドンナ」のまるで生きているかのような苦痛で一杯の目を見て、次のような質問をするでしょう。

 「遠い二十世紀に起こったチェルノブイリの事故とは何だったのか。どうして私たちの祖先はこのようなことを引き起こしたのだろうか」と。

時限爆弾 ビクトル・トロポフ(男)

時限爆弾 ビクトル・トロポフ(男)
 第三十河川船隊工養成学校 ゴメリ市

 何のために作文のテーマがこれに選ばれたのか分からない。あなたたち大人は僕たちから何を聞きたいのか。あなたたちは、あなたたちの運命の中のチェルノブイリ、あなたたちの子どもの運命の中のチェルノブイリの意味については、あなたたち自身がよく知っているのではないか。この緊急の課題の作文を全国で書くことによって、何かが変わるのだろうか。僕は、放射能の被害にあった人にこれを書けというのは恥ずべきことだと思う。彼らがどういう生活をしているのか。放射能による障害が彼らの運命をどう変えたか、僕は聞くことができない。

 僕たちはチェルノブイリの事故の後、多くのことを考えさせられた。僕個人も、考えざるをえなくなった。善と悪と正義の問題である。チェルノブイリは、われわれの動物性、無責任性、すべての分野におけるプロ意識の低さをさらけ出した。されにそれは、厚かましさと低い道徳性がどこに行き着くかを示した。僕はV・Pアントーノフの本「チェルノブイリの教訓」を読んだ。その中で著者は「この悲劇は経済よりもむしろモラルの面で起こっている」とはっきりと書いている。チェルノブイリの事故の前には、エゴイズム、無関心、無責任が強まっていたし、指導部には指導力が欠如していたし、不道徳な考えもはびこっていた。「上のほうは何でも知っている。われわれはノルマを達成するだけだ」と。チェルノブイリはその総決算なのである。

 しかし、今日こうしたことはすべてなくなったのだろうか。でなければ、チェルノブイリがふたたび起こらないという保障はどこにあるのか。

 チェルノブイリについて語られることが少なくなり、それに慣れてしまったように僕には見える。僕はまちがっているかもしれないが、古い寓話の中のように、人間は三つのタイプに分けられることを、この悲劇は僕に教えてくれた。第一の人は焚き火によじ登り、第二の人は薪を運び、第三の人は焚き火に手をかざす。チェルノブイリの焚き火のまわりで手をかざすことは、最高に不道徳なことである。

 より古い世代は幸せだった幼児期にたいしてスターリン(※)に感謝していたが、僕はチェルノブイリに対し、われわれに世界を見させてくれてありがとうと言うことはできないし、言いたくもない。子どもたちは外国に出かけ、外国の子どもたちと知り合い、外国の美しいものを見、他人の親切に出合った。このことで、チェルノブイリに感謝することは全くのナンセンスである。そのために悲劇が必要なのか。


※スターリン
 ソ連時代の指導者

 チェルノブイリの影響は今のところ直接僕の運命にはない。僕の健康状態はよい。だが、チェルノブイリの悲劇が5年後のわれわれの運命、われわれの健康にどのような影響を与えるのか、僕の未来の子どもたちには影響がなくなっているのかは、誰にも分からない。だから、僕の運命において、チェルノブイリとは時限爆弾なのだ。暇なとき、このことについて考え出すと全く恐ろしい。これは決して子どもの問題ではない。

 ぜひ、大臣、議員、学者に作文を書いてもらうよう提案したい。しかし、その際テーマは「わが運命、わが子どもたちの運命におけるチェルノブイリ、及び、この問題がなくなるために私は何をしたか」というふうに改めたらいい。

チェルノブイリのジレンマ スベトラーナ・ジャーチェル(女)

チェルノブイリのジレンマ スベトラーナ・ジャーチェル(女)
 第二中等学校

 五感では感じられない放射能は、宇宙、放射性鉱物(※)、その他から発生する。放射性物質が崩壊し、崩壊した粒子が細胞に侵入し、細胞に構造的変化をきたす。これが被曝である。


※放射性鉱物
 核燃料になるウラン235など。

 チェルノブイリの町がつくられたのは、コロンブスのアメリカ到達の3百年前、ビョートル一世(※)によるロシア帝国成立より5世紀も前のことだった。8百年の間、この町とその郊外に住む人々はライ麦やヒエを栽培し、牛や豚を育てた。かつてナポレオンやヒトラーがこの土地の占領を企てたが、計画は失敗した。飢餓や、敵の侵攻、ペストやコレラの流行にも打ち勝ち、厳しい冬をも生きぬき、チェルノブイリの人たちは自らの大地を守り通した。

※ビョートル一世
 19世紀のロシア皇帝

 現在、チェルノブイリは事実上からっぽで、打ち捨てられ、人のぬくもりはなく、ものを言わぬ森が周りを囲むだけである。人類史上最悪の原子力事故によって避難させられた村や町179の内のひとつとなった。

 6つの原子炉を持つチェルノブイリ原子力発電所の建造はソビエト原子力エネルギー政策の誇りであった。1号炉は1977年に完成。2、3、4号炉はそれぞれ1978、1981、1983年に完成した。5号炉と6号炉は1988年に操業を予定していた。チェルノブイリ原発は、核反応を遅らせるために使われていたのが黒鉛であり、水ではなかった。そのために、冷却システム(※)の破壊の際に、原子炉が統制できなくなる危険性が多かった。また原子炉自体は、厚い防護壁に囲まれていたが、鉄筋コンクリートの防護用のドームがなかった。


※冷却システム
 炉心が溶けないように冷やすシステム。

 事故に結びついた実験は、1986年4月25日の朝、始められた。以前からの計画にしたがって、4号炉を停止し実験を行う予定だった。

 この実験は停電で電気供給が止まった場合でも、原子炉の余熱で発電機タービンを動かし、原子炉の冷却水ポンプを作動させるのに何分かかるかを明らかにするためのものであった。

 1986年4月26日、タービンへの蒸気の供給がストップ、それとほとんど同時に、冷却水ポンプの作動が遅れはじめ、原子炉の制御棒(※)に入る水流が急激に減る。原子炉自動停止装置(※)のスイッチは、その時切られていた。短時間で原子炉内の温度が急上昇し、誘導反応が止まってしまう。そして1時23分、チェルノブイリ原発第4号炉で、あの大事故。3秒の間隔をおいて2度の大爆発。最初の爆発は水蒸気の過剰な圧力によるもので、2回目のは、あとに生じた水素ガスによるものだと言われている。燃料棒(※)のジルコニウム(※)でつくられた外皮がとけはじめ、炉内の高圧の水と反応、瞬時に燃料棒は粉々となり、数千トンもある原子炉のカバーは吹き飛び、屋根も突き破ってしまう。死をもたらす巨大な黒雲が上昇していく。


※制御棒
 原子炉そのものや関連システムにトラブルがあったとき、自動的に制御棒を挿入して、中性子を吸収させ、核分裂を止める仕組みになっている。

※自動停止装置
 原発には何らかの異常があると、自動的に停止する機能がある。

※燃料棒
 原子炉に使用される核燃料は、ウラン235を濃縮して円柱棒状に生成している。

※ジルコニウム
 燃料棒は、ウラン235を濃縮したもの数百個を、ジルコニウムを含んだ合金の筒に収めたものである。

 事故当時、チェルノブイリ原発には、176人が勤務していた。しかし、一番被害を受けたのは消防士だった。チェルノブイリの惨事はその地獄の灰で私たちの心を焼き続けている。それは、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの国境地帯、地球全体を不意に襲った。

 恐ろしい不幸の出現という鮮烈な記憶は、いつまでも私たちをおびやかし続ける。この悲劇に終わりはない。それでも私たちは希望を胸にすべての報道をすみからすみまで読む。チェルノブイリの真実を知るために。そしてすべてがもう過去になったのだと確信したいがために。

 人はときに自分をだましたい時がある、生きていくために、自分に嘘をつく。だがそうすることは、チェルノブイリを再び生みだす可能性があるということなのだ。

プロフィール

子供たちのチェルノブイリ

Author:子供たちのチェルノブイリ
昔、こどもたちのチェルノブイリの作文集を選ぶボランティアをしました。この時の衝撃は今も心に残っています。
 連絡先
 ohanamoon@gmail.comまで

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。